韓国語でオンニ、ヌナの使い分けは?

韓国語で、”お姉さん”の事を指す言葉にオンニ(언니)、ヌナ(누나)があります。このオンニとヌナの使い分けは何で分かれているのでしょうか?

オンニ(언니)とヌナ(누나)の使い分け

二つの違いは、”お姉さん”の事を、男性が呼ぶか、女性が呼ぶかで変わってきます。

男性が年上の女性を呼ぶとき -> ヌナ(누나)
女性が年上の女性を呼ぶとき -> オンニ(언니)

また、お兄さんを意味するヒョン(형)、オッパ(오빠)も同様で、男性が呼ぶか女性が呼ぶかで言い方が変わります。

男性が年上の男性を呼ぶとき -> ヒョン(형)
女性が年上の男性を呼ぶとき -> オッパ(오빠)

お姉さん(ヌナ・オンニ)、お兄さん(ヒョン・オッパ)ですが、血がつながった肉親でなくても、職場などで年上の男性・女性を呼ぶときにも使われます。アイドルのグループ歌手が、同じメンバーの年上の人を呼ぶときに、オンニやヒョンと呼ぶのを見ることも多いかと思います。

そうすると会話の中で、オンニと言った時、血のつながった姉を指しているか否かが分かりづらいシチュエーションが出てきます。この時、”血のつながった”姉であることを、強調して言いたいときは、チンオンニ(친 언니)と表現します。チンオンニのチン(친)は、漢字の”親”をハングル表記したものです。もちろん、チンオンニ(친 언니)以外に、친누나や친형もあります。

また、オッパ(오빠)は特に、女性が、付き合っている彼氏のことを呼ぶときにも使われます。

アッパ(아빠)とオンマ(엄마)のニュアンス

オッパ(오빠)をアッパといい間違えないようにしてください。アッパ(아빠)はお父さんの事です。

お父さんは、通常アボジ(아버지)ですが、アッパ(아빠)は自分の肉親の父親にたいして親しみを込めて呼ぶニュアンスがあります。日本でのパパに少し近いですが、パパとは異なり韓国語では大人でも自分の父親を아빠を呼ぶことがあります。

母親の方は、通常はオモニ(어머니)ですが、親しみ込めて呼ぶときはオンマ(엄마)になります。ちなみに、”母”の事をオモと呼ぶのは、日本語で”母屋”をオモヤと呼ぶように、日本語と韓国語で共通性があります。あと、机の角に小指をぶつけたりするなど、突発的なアクシデントがある時、反射的にオンマッと声を上げる事がありますが、これも母親のオンマ(엄마)が由来です。

日本語で父親と母親を合わせて、”父母”(ふぼ)と呼びますが、韓国語でも”父母”をハングル表記した”부모”(プモ)という表記があります。通常は敬称の”님”をつけて”부모님”(プモニム)と呼ばれます。

関連投稿