ニュースで学ぶ韓国語:北、核実験の放射能汚染が深刻(방사능 오염 심각)

今回は北朝鮮が行った核実験の放射能汚染に関するKBSの報道を元に、韓国語を学んでみます。

記事

북, 핵실험장 방사능 오염 심각…김정은 얼씬도 안해

북한은 5번의 핵 실험을 모두 풍계리 핵 실험장에서 해왔습니다.

인근 지역에 심각한 방사능 오염이 우려되는 가운데 주민들이 건강 이상에 시달린다는 증언도 잇따르고 있습니다.

語句

실험장:    実験場
방사능:    放射能
얼씬하다:   近づく、寄せ付ける

인근 지역:  隣接地域
시달리다:   悩まされる
잇따르다:   相次ぐ、引き続く
잇따르고 있다:    相次いでいる

北、核実験場の放射能汚染が深刻(방사능 오염 심각)…キム・ジョンウン近づく事も無く

北韓(北朝鮮)は5回の核実験をすべて豊渓里(プンゲリ)核実験場で行ってきました。

隣接地域に深刻な放射能汚染が懸念される(憂慮される)中、住民が健康異常に悩まさているという証言も相次いでいます。

北朝鮮は今回、5回目の核実験を行いましたが、この際、北朝鮮中央TVでは”放射性物質の漏出は全くなく、周囲の生態環境にどんな悪影も与えることは無かった(방사성 물질 누출 현상이 전혀 없었고 주위 생태 환경에 그 어떤 부정적 영향도 주지 않았다)との報道を行いました。

韓国では、北朝鮮より脱北してきた人を調査したところ、この地域の住民に頭痛、視力低下、不眠などの健康被害があったとのことです。この理由の分からない健康被害のことを、北朝鮮では”귀신병에 걸렸다”(キシン病にかかった)と呼んでいます。キシンは漢字で書くと”鬼神”で、お化け/幽霊の事です。

関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です