道が渋滞しているとき막히다と밀리다、どちらを使う?

“道路が混んでる”は韓国語で何と表現する?

人や、道路が、混雑しているさまを表す動詞として막히다と、밀리다という動詞があります。似ているようで少し違うこの2つの動詞、違いは何でしょうか?

2つの動詞を利用した正しい表現は下記のとおりです。

길이 막히다: 道路が混雑する
차가 밀리다: 車が渋滞する

막히다と밀리다の違い

막히다は、막다が受動態になったものです。막다というのは、遮る・ふさぐ・阻むといった意味ですので、막히다は遮られる・ふさがれるという意味です。막히다を辞書で意味を調べると”길이나 통로 등이 통하지 못하게 되다”とあり、何者かの障害物によって道路や通路などが通れないさまを表しています。

一方で、밀리다は、たまる・渋滞する・滞るといった意味があります。渋滞しているときに”たまっている”のは車なので、”차가 밀리다”が正しいです。

日常会話では、”차가 막히다”や、”차가 막혀서 …”という表現を使う人もいるのですが、厳密には正しくありません。”차가 막히다”は”車が遮られる”という意味になってしまい、主語と述語の係り受けの関係がおかしいからです。この誤用は、日本人でも”道路が混雑する”ではなく”道路が渋滞する”と言ってしまう人がいるので、これと似ているかもしれません。同様に、길이 밀리다も不自然な言い回しです。

“차가 많아서 길이 막히다”なら、”車が多くて道路が遮られる(混雑する)”となるので主語と動詞の関係性は取れています”また、”길이 막혀 차가 밀린다”なら、”道が混んでいて車が溜まっている(渋滞する)となるのでOKです。

この2つの動詞は、主語と動詞を含めて下記の例文でセットにして覚えてしまいましょう。

길이 막히다: 道路が混雑する
차가 밀리다: 車が渋滞する
関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です