한참と한창の違いは何?[しばらくの間/真っ盛り]

한참と한창は、文字は似ていますが、意味は違うので区別して使う必要があります。

한참の意味[しばらくの間]


時間が非常に長い時間過ぎた事を表す単語が한참です。

例えば、”한참 동안 기다렸다”で、”しばらく待った”という意味です。
このように한참の後には동안がつく事も多いです。

単に時間が掛かっているという客観的な感じというよりは、待たされたことに対してネガティブなイメージ(ちょっと怒っている感じ)があります。

한참 동안 기다렸다.
しばらく待った

한창の意味[真っ盛り]

一方、ある出来事が最も盛んに起きている状態を示す単語が、한창です。
例えば、”働き盛りの時”は”한창 일할 때”で、”夏真っ盛り”は”여름이 한창인 때”といった感じの使い方です。

副詞として動詞の前につく以外にも、以下のように名詞としても使えます。

꽃이 한창이다.
花盛りだ(花が満開だ)

植物や、果物のようなものが、たわわに実った感じを한창이다と使って、表現する場合があります。

また、最初の例にもありましたが、ある出来事がピークに達しているときにも、同様に使えます。

준비가 한창이다.
準備が真っ盛りだ

한참と한창の区別方法

한참と한창で迷った時に区別する方法ですが、”한참”は時間に関する表現なので”한참”を”한 시간”のような単語に置き換えても意味が通るはずです。”한창”は時間に関係しないので、”한 시간”に置き換えると意味が通らない文章になります。

関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です