韓国のWebサイトで買物時に必要な3Dセキュアの登録方法

韓国のWebサイトで買い物を行いたい場合、3Dセキュア対応のクレジットカードが必要になる場合があります。本記事では、楽天カードを利用して3Dセキュアの登録を行う方法を説明します。

楽天カードを持っていない方は、こちらより登録できます。

どこで買い物をしても購入金額の1%が楽天ポイントとして付与されるお得なカードなので、3Dセキュア対応のカードを持っていない場合は1枚作っておくとよいです。

3Dセキュアの登録方法

楽天カードで3Dセキュアの登録を行う

下記のURLより、楽天カードの3Dセキュア登録ページに移動します。
https://www.rakuten-card.co.jp/security/3dsecure.html


楽天e-NAVIのログインページが表示されるので、ログインを行います。


画面下にある”本人認証サービスに登録する”をクリックします。

※このページにある、3Dセキュアの説明は、下記のページにリンクされています。
https://www.rakuten-card.co.jp/e-navi/p/rc/e-navi/guide/3dsecure_service.html

パスワードの登録画面が表示されます。
ここで入力するのは、楽天e-NAVIのログインで使うパスワードではなく、3Dセキュアの認証用パスワードです。また、クレジットカード裏面の番号の入力が必要なので、カードを手元に用意しておいてください。


入力確認画面です。問題なければ”登録する”ボタンをクリックします。


完了画面が表示されればOKです。
楽天カードの3Dセキュア登録はすぐに行われるので、この完了画面が表示されれば直ぐに3Dセキュア認証を利用できます。

3Dセキュアへの登録完了を確認・停止する

3Dセキュアへの登録が完了したか念のためチェックしたい、もしくは、以前登録したか忘れてしまった…という場合は、下記の手順で登録状況を確認できます。

3Dセキュアに登録が行われていることを確認する

楽天e-NAVIにログインし、上の”安心サービス”をクリックします。
一覧より、”本人認証サービスの情報変更”をクリックします。

“現在、本人認証サービスに登録いただいております。”のメッセージが出ていればOKです。

3Dセキュアの利用を終了する

万が一、3Dセキュアのサービスを止めたい場合も、先ほどのページから手続きできます。ページ下部にある”本人認証サービスの停止はこちら>>”をクリックします。

停止画面で再度、カード裏面の番号を入力すれば、3Dセキュア利用の終了手続きは完了です。

楽天カードの作成はこちらから↓


関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です