여보(ねぇ/あなた)、여보세요(もしもし)に出てくる여보(ヨボ)の意味は何?

韓国では、結婚している夫婦が配偶者を呼ぶとき여보(ヨボ)と呼ぶ人が多いです。また、電話で「もしもし」に相当するのが、여보세요(ヨボセヨ)です。

これらの言葉に共通して出てくる”여보”(ヨボ)ですが、どのような意味があるのでしょうか?

由来1

“여보”の由来は、”여기 보세요”(こちらを見てください)の略語という説が濃厚です。
あまり深い意味はなく、日本語で言う、”ねぇ”や、”おい”みたいな感じにちかいですね。

由来2

また、여보の由来には別の説もあります。

여が女性の여(如)から、보は보배(寶貝:貴重品、財宝、宝物) の보から来ていて、여보(如寶)が由来という説です。

意味は「보배(宝物)と同じくらい重要な女性」という意味です。

関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です