ニュースで学ぶ韓国語:”電気料金爆弾”(전기요금 폭탄)が現実化に… 電気代5倍以上が24万世帯以上

今年の韓国は、例年に比べ非常に暑く、エアコン使用による”電気料金 爆弾”という電気代が非常に高くなってしまう問題が発生しました。今日は、この”電気料金 爆弾”に関する報道を元に、韓国語を学んでみます。

記事

‘전기료 폭탄’ 현실화…‘5배 이상’ 24만 가구

올여름 가장 더웠던 8월 전기요금 고지서가 각 가정에 배달되고 있는데요.

수백만 가구의 요금이 이전보다 2배 이상 나오는 등 이른바 전기 요금 폭탄이 현실로 나타났습니다.

지난 6월보다 5배 넘게 요금이 부과된 가구가 24만 가구에 달합니다.

語句

전기료:    電気料(電気料金)
폭탄: 爆弾
고지서:    請求書(告知書)
이른바:    いわゆる
부과되다:   課される(賦課される)
가구: 所帯、世帯(家口)

“電気料 爆弾”現実化… “5倍以上” 24万世帯

今年の夏、最も暑かった8月の電気料金の請求書(告知書)が、各家庭に送付(配達)されています。

数百万の世帯の料金が以前より2倍以上になるなど、いわゆる電気料金の爆弾が現実となりました。

去る6月より、5倍を超える料金が課された(賦課された)世帯が、24万世帯に達しています。

関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です