ニュースで学ぶ韓国語:チュソクに出る月は本当に満月(보름달)?

今回はチュソクの満月についてのKBSの報道を元に、韓国語を学んでみます。

記事

진짜 둥근달은 이틀 뒤…‘보름달의 과학’

오늘(15일) 한가위 보름달은 높은 구름에 가려서 당초 기상청 예측 만큼 잘 보이지 않았습니다.

오늘(15일) 보름달은 서울을 기준으로 오후 5시 44분에 떠올라 밤이 깊어질수록 고도가 높아지고 있는데요.

아직은 덜 차오른 상태입니다

꽉찬 보름달과 비교하면 97.7% 크기, 그러니까 2.3% 가 부족한 것으로 분석됐습니다.

더 둥근 진짜 보름달은 이틀 뒤에 뜨겠는데요.

語句

이틀: 2日(1日は하루)
한가위:    中秋(旧暦の8/15の事)
보름달:    満月
당초: 当初
-만큼:    ~程("~と同じくらい"の意味)
깊어질수록:  深くなるほど
ㄹ수록:    ~する程("どんどん進行していく毎に"の意味)
떠오르다:   浮かぶ、浮き上がる
꽉 차다:   完全に満ちる

本当の満月は2日後、満月の科学

今日(15日)中秋の名月(満月)は高い雲に隠れて、当初、気象庁が予測した程は、よく見えません。

今日の満月は、ソウル時間(ソウル基準)で午後5時44分に月の出になり、夜が更けるほど高度が高くなっていきます。

まだ、満月になっていない状態です。

完全に満ちた満月と比較すると97.7%の大きさ、つまり2.3%不足していると分析されました。

完全に丸い、本当の満月は2日後に出るとのことです。

今年の中秋の名月は9/15なのですが、15日は満月にもかかわらず、月の大きさが2日後の17日より小さいです。この理由は、月の軌道が楕円形をしており、15日時点では地球から遠い距離にあるため、地球から小さく見えるのが原因とのことです。

関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です