2016年 仁川K-POPコンサートの情報まとめ

2016年9月24日に仁川市で開催された仁川K-POPコンサートに出かけてきました。
来年以降に仁川K-POPコンサートへ出かけたい人の為に、会場の様子とチケットの取り方など諸々の情報を書いておきます。
201609_ink_22

(2017年の時の様子はこちらです)

仁川K-POPコンサートとは

仁川K-POPコンサートは、仁川市が2009より毎年開催しているコンサートです。このコンサートの特徴は、観光地として外国人を誘致するために所定の申し込みをしたうえで、日本のパスポートなど外国人であることを証明できるものを提示した場合に、無料で観覧できることです。

無料だと競争率が高そうな気がしますが、チケットは先着順で獲得でき、初日に申し込まなくてもチケットが取れるぐらいには、余裕があるようです。会場も大きくて、数万人はは入れるキャパはあり、2016年の時は、まだ空席もかなりあったので、締め切り期間内に申し込めばチケットは取れそうな気がします。

コンサートは、外国人枠があるというだけなので、韓国の国内の人も(有料で)チケットを取ることはできますし、半分以上は韓国の方が観覧に来ている模様でした。これまでは、仁川 K-POP コンサートという名前だったのですが、2016年から”INKコンサート”という名前に変わったらしいです。

2016年の出演グループ

2016年のコンサートには、下記の歌手が出演していました。

案内の”& More”も含めて、下記の出演者でした。
I.O.I
Red Velvet(레드벨벳)
GFriend(여자친구)
TWICE(트와이스)
EXID
AOA
J-Min(제이민)
SHINee(샤이니)
INFINITE(인피니트)
B.A.P
GOT7(갓세븐)
MonsterX(몬스타엑스)
K.Will(케이윌)
KNK(크나큰)
MASC(마스크)
HALO(헤일로)

チケットの取り方

Webサイトから、チケットの申し込みを行うことができます。
以下のように、日本語の案内もあるので安心です。
201609_ink_01
http://www.inkconcert.com/section/ticket/apply.html?PID=TICKET&LID=JAP

チケット申し込みに関する内容の詳細です。

2016 仁川 K-POP コンサート観覧のご案内

■ イベント概要
• 日 時 : 2016年 9月 24日(土) 19:00 ~ 22:00
• 場 所 : 仁川文鶴(ムンハク)サッカー競技場
• 主 催 : 仁川広域市 / 主観 : 仁川観光公社
• 入場量 : 無料
• 出演者 : イベントホームページ参照(www.inkconcert.com)
※ 出演者は主催者の事情により変更になることがあります。

■ チケット申請のご案内
• 申請方法
– イベントのホームページを通じた個別申請(1人2枚限定)
– 申請ページに氏名、国籍、生年月日、メールアドレス、連絡先を必ず英語で入力してください。

• 申請期間 : 8月 19日(金)から(先着順)

• チケット提供条件 (**重要**)
– 仁川市内で宿泊、ショッピング、食事、観光地訪問などいずれか1点を証明すればチケットを提供いたします。

• チケット受領の案内(配布場所などの詳細は後日お知らせします。
– チケット受領の時間:9月24日 10:00から18:30まで
– チケット受領の場所:コンサート会場(仁川文鶴競技場)Aゲートの外国人案内所(チケットBOX)
– チケット提供条件を確認できる物をお持ちの上、外国人(または海外在住)を証明できる身分証明書 (パスポートなど)の提示が必要です。
** 受付番号のお持ちの場合は迅速な手続き可能
** チケットは申請者本人に限り提供され、他人への提供及び販売行為は厳しく禁じられています。

• 入場案内
– 16:00

• Contact : incheonkpop@into.or.kr

申し込みは一度に2名まで行えます。上記のサイトで申し込みをすると案内のメールが届きますが、申し込み完了の時点ではチケットの入手は確定していないので注意してください。

チケットの確定報告メール

申し込みをしてからしばらくすると、以下のようなチケット確定のメールが来ます。
2016年の時は9/7に届きました。
201609_ink_02

こちらのメールには、現地でのチケット受け取り方法など、Webサイトでの告知より細かな情報が記載されています。

チケット受領方法
– チケットの受領:公演会場 GATE1の近隣に位置したチケットブースにて、9月24日公演当日の10時から18時30分まで。
– 本コンファームメールのコピー、顔写真つきの身分証明書(例:パスポート、外国人登録証)を持参。
– 仁川への観光を証明できる内容を提示してください。未所持の場合、チケットの受領はできません。
– 本コンファームメールは、入場可能なチケットと引き換えられ、引き換えたチケットで入場が可能となります。
– 本コンファームメールは、チケットではありません。

提示する物
1.宿泊
– コンサートの当日の1週間前からコンサートの後までの期間の中で、インチョン市内で宿泊(ホテル、モーテル等)することが証明できるものを提示してください。
(例:ホテルのバウチャー、予約のレシート、ネット上の予約画面のキャプチャー等)

2.ショッピング&ダイニング
– インチョン市内でショッピングと食事を楽しんで、そのレシートを提示してください。(1万ウォン以上)
* 空港やコンサート会場の中で屋台からのレーシトは認められません。

3.観光地の訪問
– インチョン市内の観光地を訪ねて、その場所を背景にして自分の写真を撮ってください。
* 上記のような全てのものが提示された場合(コンサートから1週間前からコンサートの後まで)のみ認められます。

入場のご案内
– 入場開始は16:00から始まります。
– コンサート会場が広いためコンサート開始の1時間前(18:00)までの入場をおすすめします。
– 19:00を過ぎると入場ができない場合もございますので注意してください。
– 業務用カメラと映像撮影機器の持ち込みはできません。

日本から持って行くもの

コンサートに出かけるにあたり、日本であらかじめ準備しておくものは、先ほどの承認完了のメールを印刷したものと、身分証明の2つです。身分証明書はパスポートを提示すれば大丈夫です。

現地で手に入れる必要があるもの

届いた承認完了メールにも書いてあるように、承認完了のメールをチケットに引き換えてもらうためには下記のものが必要です。3つ全てが必要なわけではなく、どれか1つもっていけばOKです。

1.仁川市内での宿泊の証明
2.仁川市内でのショッピング&ダイニングの証明(1万ウォン以上)
3.仁川市内での観光地の訪問

今回は、”2.仁川市内でのショッピング&ダイニングの証明”を持っていくことにしました。1万ウォン以上の買い物なので、1000円ぐらい買えばOKです。

10000KRW以上の領収書(レシート)の調達

以下の注意点があるように、購入する場所には制限があります。

– インチョン市内でショッピングと食事を楽しんで、そのレシートを提示してください。(1万ウォン以上)
* 空港やコンサート会場の中で屋台からのレーシトは認められません。

今回は、コンビニで買い物した時にもらった、下記の2枚のレシートを会場へもっていきました。

1枚目:プチョン駅内のコンビニ(CU)で購入した時のレシート
201609_ink_20

2枚目:インチョン駅を出たすぐ前にあるコンビニで購入した時のレシート
201609_ink_21

2枚とも観光地でのショッピングなどではなく駅のコンビニで菓子や飲み物をなどを買った時のレシートです。2枚に分かれていますが後者は仁川駅付近に出かけた時、駅前のコンビニで買ったものです(仁川駅は、仁川空港の最寄り駅ではなく、チャイナタウンがあるところです)。この2枚のレシートを提示したところ、無事チケットと交換してもらえました。

というわけで、分かったことは下記の点でした。

  • レシートは別に観光地のものじゃなくてもコンビニのもので大丈夫
  • 1枚のレシートが10000ウォン未満でも、複数枚の合計が1万ウォンを超えていればOK

先ほどのメールには記載がないのですが、サイトによってはコンビニのレシートはNGとの情報もありました。不安ならコンビニ以外の別の場所で買ったレシートを用意した方が良いかもしれません。

ちなみに、日本と同じで、コンビニでの少額の買い物だとレシートをもらえない場合も多いので、店員さんにレシートを下さいという必要があるかもしれません。

この場合、韓国語だと以下のフレーズで伝えれば大丈夫です。

영수증 주세요. ヨンスジュン ジュセヨ

韓国語が全く話せない場合でも、簡単な英語ならたいてい通じるので、以下の感じでもたぶんOKです。

"receipt please?"
"Could I have a receipt, please?"

海外で会話するのが不安でしたら、上の内容を印刷して見せても良いですし、レシートを指差してジェスチャーでお願いしても大抵通じるとは思います。

観光に行く場合のお勧めポイント

今回は、買い物のレシートを提示して、チケットを受け取りましたが、せっかくソウルから仁川市まで行ったのなら、観光して”3.観光地の訪問”の証明でチケットを引き換えてもらってもよいかと思います。仁川市に行くのが初めてなら、仁川駅近くのチャイナタウンと、戦前にあった日本の租界地あたりに刊行してみるのがお勧めです。

会場への行き方

2016年のコンサート会場は、仁川文鶴競技場主競技場でした。(年によってコンサート会場は変わる可能性があるので注意してください)

コンサート会場までは、明洞駅からだと以下のルートで、1時間半ぐらいで行けます。
明洞駅 → (地下鉄4号線) → ソウル駅 → (地下鉄1号線) → 富平駅[부평역] → (仁川地下鉄1号線) → 文鶴競技場駅

ソウル駅から文鶴競技場駅は、路線図を見ると空港鉄道のA’REXを使って、桂陽駅[계양역]乗り換えでもいけそうに見えますが、お勧めしません。A’REXの駅は地下深くにあって、乗り換え時間が非常にかかるためです。ちなみにA’REXのソウル駅はなんと地下7階です。東京駅でいうと、埼京線のような感じでかなり歩きます。

電車での移動は、韓国が初めてでも、列車内の電光掲示板に次の停車駅が表示されているので、難しくはないです。また、乗り換えも案内がしっかりしているので、韓国語が分からなくても問題ないです(初めて韓国に出かける場合は、乗り換え時間に少し余裕を見た方が安全かもしれません)。

文鶴競技場駅から、会場へは特に悩むところはありません。

地下鉄の2番出口が最寄りです。ここが駅のメイン出入り口で、いかにもスタジアム行きな感じになっており、別の出入り口に間違えてしまう心配は無いです。
201609_ink_03

階段を上ったところです、右斜めに向かっていけばOKです。
201609_ink_04

そのまま30mぐらい行くと大きな通りに出ます。奥に見える白い建物が会場です。
201609_ink_05

建物に近づくと、コンサートの垂れ幕が見えてきます。
201609_ink_06

会場の周辺には大きな座席配置図も用意されています。
201609_ink_07

実際は人の流れができているので、何となく流れに沿って行けばOKです。

チケット交換所の様子

チケットの交換所は、ゲート1の近くにあります。
近くに行くと、”TIKECT OFFICE for FOREIGNERS”という案内のテントが立っており、外国人向けの専用受付であることが一目でわかるようになっています。
201609_ink_08

交換所の近くにある案内の看板です。
201609_ink_09

先ほどの看板の注意文を拡大した内容です。ここでも1.当選のメールを印刷したもの、2.身分証明書、3.仁川観光を証明書の3つが必要であることが分かります。17:00ごろに行ったのですが、並ぶことなく直ぐにチケットを受け取ることができました。
201609_ink_10

こちらが受け取ったチケットです。D9エリアでした。ぼかしが入っている部分は座席番号で、D9エリアの何番の座席に座ればよいかわかるようになっています。
201609_ink_11

チケットの裏面です。案内と留意事項についての内容ですが、国内の購入者向けのキャンセルやカスタマーサービスの案内などの説明なので、特に気にしなくて良いです。
201609_ink_12

チケットを受け取ると同時に、手首にエリアが記載されたテープを巻かれます。このテープを紛失するとチケットがあっても入場出来なくなるので注意です。
201609_ink_13

チケットの座席番号の決まり方

チケットに記載の番号ですが、おそらく早く行った方が良い位置の席が取れるのでは?という気がします。配布しているテントの様子を見ると、連番になっているチケットを順番に配っている雰囲気でした(運営の人に直接聞いたわけではないので推測ですが)。

ですが、この番号は意味がありませんでした….(後述します)

会場への入り口

会場への入り口はたくさんあるのですが、チケットのエリアによって並ぶ位置が決まっており、しかもわかりづらいので注意が必要です。

下記の写真は入口への入場列ですが、スタンドのNエリア,Eエリアのチケットを持っている人向けです。
201609_ink_14

写真の左の方にある、緑の案内に小さく[5 GATE STAND N・E]と記載されています。大きく書かれている青色の案内に[GROUND S・D・E]とあるのですが、これは矢印の方向にある右側のGATE Bに並んでほしいという案内です。スタッフの人の案内も少し分かりづらく、どこに並んでよいか悩んでいるお客さんも多かったです。

矢印に従ってBゲートに行ってみると、以下のような案内になっています。ここが、GROUND Sエリア、Dエリア、Eエリアのチケットを持っている人が並ぶ場所です。
201609_ink_15

会場に入ったところです。大きな会場で、下の写真で全体の座席の半分ぐらいしか映っていないぐらいです。競技場自体はワールドカップの競技場になったくらいの場所で、キャパは5万人以上入るそうです。
201609_ink_16

座席番号の決まり方

会場の中で、座席の位置を確認しようとスタッフの人に聞いたのですが、会場スタッフの回答はなんと、”チケットの番号は関係なくDエリアの座席であれば先着順でどこでも座ってもOK”という回答でした…

地元の人も同じように案内されており前の方から順に座っていたので同じようにしました。入場した時間が早かったのでD1のエリアの座席になりました。
201609_ink_17

D1エリアより座席からステージを見た感じです。
201609_ink_18

後から来た人は、指定の座席に座れると思ってきているので、かなり揉めるだろうな…と思ってたのですが、やはり講演開始直前にあちこちで、後から来た人とスタッフの間でかなりトラブルになっていました。

上の写真はまだ明るいですが、コンサートの開始がちょうど日が暮れる頃なので、開始直前の様子は以下のような感じの雰囲気になります。
201609_ink_19

日本との作法の違い

コンサートは、日本のライブと似た感じの雰囲気ですが、いくつかお作法が違う部分がありました。

写真、動画撮影OK

日本で開催されるライブだと写真・動画撮影NGですが、韓国のコンサートは撮影OKです。動画や写真を撮影している人が周りに多いので、自分も撮りたくなるのですが、個人的にはせっかくライブに来てるので観覧することに集中した方が楽しめると思います。

スマホで動画をとってもあまり画質が良くないですし、他の人が撮ったきれいな動画が、後でyoutubeなどに他の人がアップしてくれるので、それを後で見ればよいかと思います。

例えば以下のような動画だと、良いアングルで、しかもFullHD以上の画質で動画をYoutubeへアップしてくれているので、自分が撮った動画よりこっちの方が後で見ても楽しめます。

※Youtubeで、”인천 K-POP 콘서트” “fancam”あたりのキーワードで検索するとたくさん出てきます。

座って見る・結構うるさい

日本のライブだと、公演が始まると席を立って、立ち見になることが多いですが、原則は全員座って観覧するスタイルでした。複数の歌手が出演するタイプのコンサートだからかもしれませんが、自分が興味がない歌手が出演しているときは、割とおしゃべりをしてたり、カカオトークなどで撮った写真を送っている人も多く、見ていると面白いです。

また、どの歌手が一番ファンが多いか、子供たちも人気の歌手は誰なのかといった部分も、日本で音楽番組やYoutube動画を見ているだけでは分からない気づきがいろいろあります。子供たちは、男子・女子にかかわらずガールズグループが出てきた時の方が盛り上がってました。また、ガールズグループの中でも、I.O.I、트와이스、여자친구あたりの人気が特に高そうで、一方EXIDやAOAあたりが出演しているときは、かなりおとなしかったです。親と一緒に来ている場合が多く、セクシーなコンセプトの歌手が出ていると気まずい雰囲気なのかもしれません。

帰りの交通手段について

コンサートの開催は、19:00-22:00までだったのですが、観客数が非常に多いコンサートなので、ソウルに宿泊する場合はゆっくりしていると終電に間に合わない可能性があります。

グランド内の席でしたが、最後の曲が終わる直前で席を立てば、ギリギリ地下鉄の駅で待たずに乗ることができました。海外で終電に乗り逃すといろいろ面倒なので、少し余裕を見て移動するか、ホテルを仁川市内にした方がよさそうです。

セットリスト

分かっている部分で列挙しておきます。

I.O.I

Red Velvet(레드벨벳)

러시안룰렛


Dumb Dumb(덤덤)

GFriend(여자친구)

너그리고나
오늘부터 우리는

TWICE(트와이스)

CHEER UP


우아하게

EXID

엘라이 L.I.E 

AOA

GoodLuck(굿럭)
シンクンヘ(심쿵해)

J-Min(제이민)

SHINee(샤이니)

INFINITE(인피니트)

Bad
태풍

B.A.P

GOT7(갓세븐)

MonsterX(몬스타엑스)

K.Will(케이윌)

KNK(크나큰)

MASC(마스크)

HALO(헤일로)

過去のコンサート開催日と、会場の一覧

2017年以降のコンサートの為にページに来てくださった方のために、2015年までの開催日と会場、出演者を書いておきます。

基本的に9月に文鶴競技場で開催されているようですが、年によって違っている場合もあるので注意が必要です。チケットを取りたい場合は、8月ぐらいから情報をチェックしておけば良いかと思います。


2015年
開催日: 10月17日
開催場所: 仁川文鶴競技場主競技場

出演者
キム・ドンワン(SHINHWA)、B1A4、BTOB、U-KISS、MONSTA X、4Minute、Red Velvet、SG WANNABE、Ailee、April、HIGH-4、Lovelyz


2014年
開催日:9月17日
開催場所: 仁川市 国際業務地区 野外特設ステージ

出演者
EXO-K,HIGH4,JJCC, Red Velvet,パク・ジェボム, 防弾少年団,少年共和国,Secret,MBLAQ,チャン・ウヒョク,G.NA,KARA,T-ARA,4Minute
http://blog.livedoor.jp/hanabitour_enta/archives/12197638.html
http://www.idtc.co.kr/jsp/common/tour_apply.jsp?lang=J


2013年
開催日: 9月1日
開催場所: 仁川文鶴競技場主競技場

出演者
2AM、A-JAX、B.A.P、BEAST、BOYFRIEND、BTOB、防弾少年団、EXO、FTISLAND、Girl’s Day、KARA、MBLAQ、miss A、SECRET、SISTAR、SUPER JUNIOR、T-ARA、TEEN TOP、ZE:A、少女時代
http://www.konest.com/contents/spot_event_detail.html?id=6090 より


2012年
開催日: 9月9日
開催場所: 仁川文鶴競技場主競技場

出演者
BoA, KARA, SHINee, IU, 4minute, Girls Day, キム・テウ, BOYFRIEND, Dal★shabet, B.A.P, チャン・ウヨン(2PM), A-JAX, VIXX, FIESTAR, Tasty, INFINITE等
http://www.lookkorea.jp/event/w45_incheon_kpop/


2011年
開催日: 8月13日
開催場所: 仁川文鶴競技場主競技場

出演者
SUPER JUNIOR、 2PM、 少女時代、 2NE1、 BEAST、 KARA、 SHINee、 2AM、f(x)、 miss A、 T-ARA、 MBLAQ、 FTISLAND、 Secret、 4Minute、 SISTAR、 TEENTOP、INFINITE、ZE:A
http://jp.mnet.com/program/main.m?program_id=1000802
http://jklink.sakura.ne.jp/kbsworld/koreakbs/maga_detail.php?keyno=11845


2010年
開催日: 8月29日
開催場所: 仁川文鶴競技場主競技場

出演者
BoA、SE7EN、SUPER JUINOR、2PM、テヤン、少女時代、sg WANNA BE+、KARA、SHINee、U-Kiss、CNBLUE、MBLAQ、BEAST、ソン・ダムビ、超新星、AFTER SCHOOL、Brown Eyed Girls、FTISLAND
http://jp.mnet.com/program/main.m?program_id=1000802


2009年
開催日: 9月5日
開催場所: 仁川文鶴競技場主競技場

出演者
SUPER JUNIOR、少女時代、SHINee、2PM、M(イ・ミヌ)、チョンジン、FTISLAND、Brown Eyed Girls、イ・ジョンヒョン、チェヨン、KARA、ペク・ジヨン、Jewelry、ユンナ、(RAINの出演はなし)
http://contents.innolife.net/news/list.php?ai_id=103416
http://jp.mnet.com/program/main.m?program_id=1000802

関連投稿

2016年 仁川K-POPコンサートの情報まとめ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です