髪の毛はなぜ、머리가락ではなく머리카락になるのか?

髪の毛はなぜ、머리카락なの

髪の毛は韓国語で、머리카락と表記されます。

머리카락という単語ですが元々2つの単語からきていて、”머리”+”가락”の合成語です。머리は頭という意味ですが、가락は毛という意味ではありません。

가락は何かというと、갈래という単語が由来です。갈래は、”分岐、系統、いくつかに分かれた筋”という意味です。가락が末尾に付く単語は、他に以下のようなものがあります。どれも、先が細長く分かれているイメージの単語たちですね。

숟가락:スプーン
젓가락:箸
손가락:手の指
발가락:足の指

すると、髪の毛は”머리가락”になるのでは…?と思うのですが、なぜ”가락”ではなく、”카락”になるのでしょうか? その理由は、昔の韓国語にあった”ㅎ終声体言”という活用にさかのぼります。

ㅎ終声体言とは

昔の韓国語では、”ㅎ終声体言”という活用がありました。実は、머리(頭)がそのㅎ終声体言に該当します。

ㅎ終声体言というのは、その単語を単独で使用する場合は”머리”そのままで表記するのですが、後ろに助詞などがくっつく場合に’ㅎ’が付与されるというルールです。ですので、”머리” + “가락”の場合は、”머리+ㅎ+가락”になるのですが、ㅎの後のㄱは激音化されてㅋとなり、”머리카락”と表記されています。

というわけで、”머리가락”の”카락”は、ㅎ+가락から来ています。

ㅎ終声体言に該当する他の単語は

昔、”ㅎ終声体言”だった単語は他に、암(めす)、수(おす)などがあり、この名残で、メンドリ、オンドリの単語は닭ではなく、탉になっています。

암(雌) + 닭(鶏)
→암ㅎ닭
→ 암탉(メンドリ)

수(雄) + 닭(鶏)
→수ㅎ닭
→수탉(オンドリ)
関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です