[歌詞/和訳] APRIL(에이프릴) / 春の国の物語(봄의 나라 이야기, April Story)

アーティスト: APRIL(에이프릴)
アルバム:3rd Mini Album Prelude
曲順: 1
発売日: 2017.01.04
作詞: e.one
作曲: e.one
編曲: e.one

歌詞

언제인지 모를 참 오래전 얘기
いつなのかわからない とても前のお話

소녀는 아무 말도 할 수 없었대
少女は何も言う事ができなかったの

시간이 흐르고 또 계절이 가도
時間が流れて また 季節が過ぎても

여전한 그 마음 어떻게든 숨겼대
依然としてその気持ちを どうにか隠したんだって

행복해 보여
幸せに見える

그 모습조차 미워질 만큼
その姿すら 憎らしいほど

점점 커져가는 마음
どんどん大きくなっていく気持ち

전하지 못할 비밀이 됐대요
伝えることができない秘密になったんだって

봄의 나라에 사는 그 소녀는
春の国にすむ その少女は

얼음 나라의 멋진 소년을 보았죠
氷の国の 素敵な少年を 見たの

겨울 나라의 예쁜 그녀 곁에서
冬の国の 美しい彼女の横で

늘 웃고 있는 그 모습을
いつも笑っている その姿を

아름다운 맘을 억지로 숨기고
美しい気持ちを 無理に隠して

아름다운 둘을 위해 기도를 했대요
美しい二人のために 祈っていたの

서로의 맘이 변하지 않기를
お互いの気持ちが 変わらないように

하늘에 매일 빌었대요 마치 나처럼
神様に毎日祈っていたって まるで私のように

행복해 보여
幸せに見える

그 모습조차 미워질 만큼
その姿すら 憎らしいほど

정말 어쩔 수 없는 마음
本当にどうすることもできない気持ち

또 바보처럼 혼자서 달래요
また バカみたいに独りで紛わせるの

봄의 나라에 사는 그 소녀는
春の国にすむ その少女は

얼음 나라의 멋진 소년을 보았죠
氷の国の 素敵な少年を 見たの

서로의 맘이 변하지 않기를
お互いの気持ちが 変わらないように

하늘에 매일 빌었대요 마치 나처럼
神様に毎日祈っていたって まるで私のように

아픈 동화 속 얘기가
つらい童話の中のお話が

모두 내 얘기 같았어
みんな私の話しみたい

다른 봄이 오길 바래요
別の春が 来ることを願うわ

난 그래요
私はそうなの

억지로 숨겨둔 내 맘이 닿을까 봐
無理に隠しておいた 私の気持ちが 届くかと

항상 혼자만 앓아요
いつも 一人だけで(胸を)痛めるの

봄의 나라에 사는 그 소녀는
春の国にすむ その少女は

얼음 나라의 멋진 소년을 보았죠
氷の国の 素敵な少年を 見たの

겨울 나라의 예쁜 그녀 곁에서
冬の国の 美しいその娘の横で

늘 웃고 있는 그 모습을
いつも笑っている その姿を

아름다운 맘을 억지로 숨기고
美しい気持ちを 無理に隠して

기적처럼 다 지워지기를 바라죠
奇跡のように みんな消えることを祈るの

아무 마음 없던 그 날이 오기를
全ての気持ちが なくなってしまう そんな日が来ることを

하늘에 매일 빌었대요 마치 나처럼
神様に毎日祈っていたって まるで私のように

単語、表現

어떻게든: どうにか、なんとか
그 모습조차: その姿さえ
-조차: ~さえ、~までも、~すら (直前の言葉を強調する表現)
보았자: ~してみたところで(仕方がない)
억지로: むりやり、無理に
하늘: 空、大空、神様
빌다: 祈る
달래다: 慰める、紛わす、癒す
숨겨둔 ○○:隠しておいた○○(숨겨둔 = 숨기다 + 두다)
닿다: 触る、触れる、着く、到着する
앓다: 患らう、痛む、病める
지워지다: 消える
関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です